【転職の魔王様】4 岡崎紗絵さん演じる来栖嵐の元カノ 転職しない宣言

TVドラマ(月10)「転職の魔王様」第4話は、来栖嵐(成田凌)と未谷千晴(小芝風花)のコンビの息がぴったり合い始めた回です。今回のゲスト、剣崎莉子(けんざき・りこ/岡崎紗絵)さんは、来栖嵐の大学の同期で元恋人。いきなり「シェパード・キャリア」を訪ねてきました。第4話のタイトルは「あなたの人生の前では、どうだっていいものなんですよ」。転職の話とともに秘められた来栖の過去が明らかになります。来栖嵐という人物のバックボーンが立体的にわかる回でもあります。

今回は来栖と剣崎さんの過去の恋愛の経緯とともに、剣崎さんが今一緒に住んでいる恋人との経緯が主軸となってドラマは展開します。

剣崎さんは最終的に転職しないという結論を導き出しました。しかし本当にそれでよかったでしょうか?

キャリアカウンセラーは恋人同士のことについては責任をもって助言する立場にはたてません。私もそうです。こうすればいい、こうしたらダメということはありません。ただふたりが話し合っていい方向へ歩んでいってほしいです。

しかし恋人との関係が転職活動に影響を与えることはよくあります。お互いの働き方、経済生活も含めてパートナーと充分話し合いながら転職活動を進めていくのがいいと思います。

来栖も未谷も、剣崎さんと今彼にしっかり助言しています。「あなたの人生、このままでいいんですか?」とほぼ同時に問いかけるシーンがあって、ふたりの息がピッタリ合ってきたなと思いました。

剣崎さんが今の会社で頑張るのか、それともライバル会社に転職して新しい道を歩むのかについて考えてみたいです。目の前に広がる人生の選択について何かヒントをお伝えできればいいと思います。

転職は、本人の(そしてそのパートナーにとっても)人生を大きく左右するテーマです。幸せな人生に向かう方向性を見極めてまいりましょう。

剣崎莉子さん30歳。結婚を考える相手を支えるために収入をふやしたくて転職を考えています。相手は漫画家を目指していて不安定な経済状況です。アルバイトをして生活費を賄っています。収入アップしてそんな彼を支えたい。それが剣崎さんの転職理由です。

剣崎さんは、オンラインの教育系コンテンツを制作配信する会社e-ウルドに務めています。この業界でのパイオニアですが、この一年業績は悪化しています。ユーザー数が深刻な右肩下がりを続けています。大手のライバル・タキガワが追撃しシェアを奪い、危機感を抱いています。

剣崎さんは来栖から、業界大手の通信教育会社の(株)タキガワがオンライン教育事業に力をいれており、その求人を提案されて動揺しました。今の年収の2倍。年収1000万円を超える好条件です。

あなたなら、どちらを選びますか?

剣崎さんは二十代のすべてを今の会社eーウルドにかけてきました。愛着もあり、好きな仕事を今はしています。

しかし通信教育会社老舗の(株)タキガワの猛追にあって今年業績が悪化してきました。タキガワは老舗であるがゆえに今後の会社の存亡をかけて攻め込むことでしょう。今のeーウルドが来年も再来年も存続しうるかの予測を立てておくべきです。ドラマの中で企画会議のシーンが出てきましたが、かなりシリアスな状況です。

転職する場合は、現在価値の判断だけではなく、将来価値についても検討を加えた方がいいと思います。30代で成長軌道に乗っている会社のポジションをとっておいた方が安心できます。特にこれから結婚・出産・育児を想定する年代では、今とこれからのあるべき可能性についてシミュレーションしておくことをお勧めしたいです。

eーウルドにそのまま残るにしても、そんな可能性について検討を加えた上で、会社は大丈夫だと判断して残るべきでしょう。

もちろん、転職するかしないかは、本人の自由です。本人の決断においてすべき事柄です。

その時に、パートナーがいる人は共に話し合って事を進めていってほしいです。様々な角度から検討を加えることは、大切なことですから。

剣崎さんの云った「愛は税金を払ってくれない」という言葉は何故か耳に残りました。

さて結論です。

転職の魔王様の第4話から転職についての学びを簡単に整理しますと3点あります。

❶転職候補先の将来価値についても予測しましょう。

❷転職せずに今の会社でがんばるのもありです。

❸パートナーと将来設計について語り合いましょう。

さて次の第5話では、いよいよ転職の魔王様・来栖嵐の謎の過去が明らかにされる回です。

【転職の魔王様】5 小芝風花さん演じる未谷キャリアカウンセラー宣言

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大前 毅のアバター 大前 毅 国家資格キャリアコンサルタント
目次