世界的な指揮者 小澤征爾氏 逝去す 若き日の『OZAWA』を観る

2月8日の晩、指揮者・小澤征爾氏逝去の報に接しました。

享年88歳。2月6日、ご自宅で逝去されたとのこと。心よりお悔み申し上げます。

突然の訃報に混乱した私は、昔レーザーディスクで観た彼のドキュメンタリー『OZAWA』(1985)を観たいと思いました。YouTubeで探してみるとありました。通しで鑑賞し直しました。

故・小澤さんの若き姿、若き才能を育てようとしている情熱的な彼の姿がそこには描かれています。

大いなる才能。

人生という有限の短く限られた時間の中で、彼は彼の生を最後の一滴まで生ききったのだ。そんな感慨がありました。

師匠のカラヤンの姿を評して、” younger than yesterday” と語るあたりで、私の記憶の中にある小澤征爾氏の姿が再び甦ってきました。若き彼の肉声、師匠のカラヤンから学ぼうとする貪欲な姿。若かった自分は大いなる刺激を受けてきたのでした。

このドキュメンタリーには、小澤征爾氏の若き日の輝き、栄光と苦悩、指揮者として味わってきた西欧と日本の相克が刻まれています。

今夜私は何も語れませんが、しかしただただ小澤征爾氏に対する感謝の意をここに刻んでおきたいと思います。

心より深い感謝の意を記したいと思います。

小澤征爾氏に対し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

PS.長年、小澤征爾氏が音楽監督を務めたボストン交響楽団が、そのHPに追悼文を載せています。ChatGPTで日本語に翻訳したものをここに転記します。

『大変残念なことに、ボストン交響楽団は敬愛する名誉音楽監督、小澤征爾氏の訃報をお知らせします。小澤征爾氏はボストン交響楽団の最も長く務めた指揮者で、1973年から2002年までの29年間にわたり音楽監督の地位にありました。小澤征爾氏は2024年2月6日に東京で88歳で亡くなりました。

小澤征爾氏は自身の世代で最も求められ、称賛された指揮者の一人で、1935年に中国・瀋陽で生まれ、幼少期から日本でピアノ、その後指揮(斎藤秀雄氏のもとで)を学びました。彼は1959年にフランスのベザンソンで開催された国際指揮者コンクールで一等賞を受賞し、審査員であった当時のボストン交響楽団音楽監督シャルル・ミュンシュの招待により、翌夏にタングルウッドに招かれました。後にレナード・バーンスタインとヘルベルト・フォン・カラヤンとの師事により、トロント交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、シカゴ交響楽団のラヴィニア夏のフェスティバルを指揮し、最終的に1973年にボストン交響楽団の13代目音楽監督に就任しました。

小澤征爾氏の指揮のもと、ボストン交響楽団は委嘱と現代音楽への新たな取り組み、多数の録音、ラジオ、テレビ出演、歴史的なツアーを通じて世界的な時代に進みました。彼は20世紀後半の重要な作曲家たち、ヘンリー・デュティユー、ピーター・リーバーソン、オリヴィエ・メシアン、武満徹などを支持し、彼の指揮のもとで合計44の作品が委嘱され、そのうち3つがピューリッツァー賞を受賞しました。また、彼の驚異的な業績には、ヨーヨー・マ、ジェシー・ノーマン、イツァーク・パールマン、ピーター・サーキンなどの優れたアーティストが参加した、140以上の作品の受賞録音も含まれています。彼は2度のエミー賞も受賞しており、1976年にPBSの『Evening at Symphony』、1994年には『Dvořák in Prague: A Celebration』で文化プログラムへの個人的な成就のために受賞しました。

小澤征爾氏のボストン交響楽団での任期の他の重要なハイライトには、1979年の中国への画期的なツアー、1994年にタングルウッドで彼の名前を冠したオザワ・ホールのオープニング、1998年冬季オリンピックの開会式で世界中の6つの合唱隊が5つの大陸で演奏したベートーヴェンの「歓喜の歌」の世界的なパフォーマンス、および2000年にエッフェル塔の足元で行われたミレニアムのエキストラバガンザな演奏も含まれます。

ボストン交響楽団は小澤征爾氏を伝説的な指揮者だけでなく、将来の音楽家たちへの情熱的なメンターとしても覚えており、彼は教育やマスタークラスに時間を惜しまず提供しました。2002年にボストン交響楽団を離れた後も(2002年から2010年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めました)、彼はタングルウッドとタングルウッド音楽センターとのつながりを保ち、TMCオーケストラをいくつかの公演で指揮しました。これに加えて、彼は1984年に共同設立した斉藤記念オーケストラと小澤征爾松本フェスティバルの日本での重要な仕事があり、これらの活動は地域の優れた学生たちに機会を提供する小澤国際室内楽アカデミーオクシガを設立することにつながりました。また、2000年に小澤征爾音楽アカデミーオペラプロジェクト、2009年に小澤征爾音楽アカデミーオーケストラプロジェクトを設立し、演奏を通じて若手音楽家を育てるために積極的に活動しました。2005年には小澤征爾国際アカデミースイスを設立して、ヨーロッパの音楽学生に教育を提供しました。

小澤征爾氏は親切で思いやりのある人道主義者であり、指揮台でのバレエのような優雅さと驚異的な記憶を兼ね備えた音楽の天才でした(彼は1983年にメシアンの大作オペラ『アッシジの聖フランチェスコ』の世界初演を楽譜なしで指揮しました)。そして、ボストンとそのスポーツチームへの深い愛好者でした。彼は世界中のファンに対してこれらすべての要素とそれ以上のものでした。彼の遺産は私たちの多くの思い出、集合的および個々のもの、および彼の忘れられない録音を通じて生き続けています。私たちは、小澤征爾氏の家族、友人、そしてクラシック音楽コミュニティに深い哀悼の意を表明します』。

ボストン交響楽団HP:追悼ページ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大前 毅のアバター 大前 毅 国家資格キャリアコンサルタント
目次